下取りと買取は何が違うの?ディーラーの下取りと買取専門店の違いとは?

車を売るときにディーラーで下取りをしてもらうのか買取専門店で車を買い取ってもらうのか悩みますよね。

 

 

どちらかというと買取専門店のほうが高く売れてディーラーだと安くなってしまうと思って居る人が多いですね。

 

 

まず下取りは次の車をディーラーで購入するのを前提です。
下取りと買取は何が違うの?ディーラーの下取りと買取専門店の違いとは?

 

車を引き取ってもらった価格を次の車の価格から引くという仕組みになっています。

 

 

買取というよりも車を処分するか、

 

値引きしてもらうのかというのが正しいです。

 

 

買取専門店では普通に売りたい車を持っていき査定をしてもらって価格を付けてもらいます。

 

 

この2つの違いを簡単に言うと車を売るついでに新しい車を売った店で購入して値引きするのか、

 

ただ単純に買い取ってもらうかの違いになります。

 

 

どちらがいいかは人によって違いますので言えませんが、

 

どちらもメリットとデメリットがあります。

 

 

まず車買取をディーラーの下取りにてお願いする場合のメリットですが、

 

何といってもスムーズに次の車の引き継ぎが出来ます。

 

通常の買取専門店ではまた違う所で新しい車を購入するケースが多いので売るタイミングと

 

買うタイミングの調節をしなければいけません。

 

 

ですが一か所で購入と売却が出来るので手間がかからずに次の車に乗れます。

 

そして何より信頼できる所に売るというのもポイントです。

 

 

手続き等もしっかりしてくれますし実際の相場よりも安い価格を付けられる心配もありません。

 

 

そして査定した結果価格が付けられない車でも特別にサービスで付けてくれることがあります。

 

 

このようなメリットがありますが逆にデメリットは買取専門店に比べて査定額が低いことです。

 

ディーラーでは査定額の相場が決まっているのでそれ以上に高く買い取ってくれることがないです。

 

 

それに加えてこのオプションが付いている、

 

ここの部品は買えたばかりだから少し高く買い取ってくれないかというのが通用しません。

 

次に買取専門店でのメリットですが

 

次に買取専門店でのメリットですが査定額が高めに設定されています。

 

 

これは少しでも車を仕入れたい気持ちが高いので

 

自分の店で買取をしたいのという気持ちがあり高めに設定されています。

 

買取専門店側も買い取った車をオークションにて売るので相場は車によって変わります。

 

 

なのでその時に人気な車や自慢できるオプションが付いていると更に高く売ることが出来ます。

 

 

たくさんの買取専門店の中から一番売れる所をインターネットなどで簡単査定が出来るのも魅力ですね。

 

 

逆にデメリットは古い車は査定額が付かないことがあります。
下取りと買取は何が違うの?ディーラーの下取りと買取専門店の違いとは?

 

オークションの相場によって価格は変動するのであまりにも人気がない車や

 

古い車は価格が付けられないことがあります。

 

 

それとスムーズに車を売ることが出来ません。

 

車に乗らないという人はいいのですが、

 

新しい車に乗るという人は売る日と買う日を合わせないと新しい車が手元になく生活に支障が出ることもあります。

 

 

このように車買取の上でディーラーの下取りと買取専門店での買取の違いがあります。

 

 

 

トップページに戻る

 

 

ページの先頭へ戻る