車検の有無は買い取り額に影響するのか?車検は残っている方が良いの?切れいている場合は取ってから売却がお得なのか?」

車検の有無は、

 

買い取り額に影響するのか問題になります。
車検の有無は買い取り額に影響するのか?車検は残っている方が良いの?切れいている場合は取ってから売却がお得なのか?」

 

これは昔から議論されていることですが実はある程度明快な答えが出ていることもておく必要があるでしょう。

 

 

通常車検の場合には、

 

2年に一度行うことになりますが、

 

車検は費用が高いためそれなりの覚悟が必要になります。

 

 

つまり車の維持費の何割かは車検の費用になりますのでこれから

 

車を所有する人はどれだけお金がかかるかをあらかじめ考えておく必要があるでしょう。

 

 

では、

 

その自動車を売却する場合、

 

法定点検まであと1年以上残っている場合と来月法定点検の場合とでは

 

価値が変わるかが問題になりますが基本的に結論だけ述べると価値は変わりません。

 

 

どちらも、

 

同じ金額で解体してくれることになります。

 

 

例えば車検費用はどれくらいかは自動車によって異なるもののおおむね

 

10万円ぐらいになると考えておけば間違いありません。

 

 

自動車の本体が100万円の価値があった場合と法定点検の期間が全くない

 

自動車と車検が2年のこっている場合では前者の方が価値が10万円ほど高いはずです。

 

このような場合、

 

このような場合、

 

買い取りしてもらう場合は可能なかぎり法定点検の間近に売却したほうがよいことになります。

 

 

それよりも、

 

法定点検を受けるする売却するのは非常にバカバカしいことになりますので、

 

この点は注意しなければならないところです。

 

 

ただし、

 

例外的に点検の部分が金額に現れるようなこともあります。

 

 

例えば外国の自動車などがこれにあたります。

 

 

外国の自動車といっても小さな自動車ではなく高級自動車の場合には

 

点検するときの費用はそれなりにかかってしまうわけです。

 

 

そうすると、

 

法定点検をしたかどうかで金額が変わることになり

 

買取りするときにもいくらかは影響を与えることになります。
車検の有無は買い取り額に影響するのか?車検は残っている方が良いの?切れいている場合は取ってから売却がお得なのか?」

 

また、

 

古い自動車などもこれにあたります。

 

 

基本的に13年以上経過した自動車は、

 

費用が若干高くなってしまいますので、

 

この部分を考えると古い自動車であればそれなりの金額差が出てくるといっても過言ではありません。

 

 

ただ、

 

普通に考えれば古い自動車の場合はほとんど車体に価値がない可能性があります。

 

すでに、

 

13年以上乗り継いでいる自動車は元の値段がよほど高くない限りはほとんど買い取り価格は\0に近いものです。

 

 

そうだとすれば、

 

この場合にもやはり高級自動車などの場合に関しては

 

法定点検が残っているかどうかで金額の違いが出てくるといっても過言ではありません。

 

 

高級自動車の定義が明確ではありませんが、

 

おおむね平均的な自動車の金額よりも100万円以上高い自動車は高級自動車といってよいです。

 

 

平均的な自動車が金額は300万円から400万円ぐらいになるはずです。

 

 

ただ、

 

時間の経過とともにその価値は減少していきます。

 

詰まり固定資産と考えるならば、

 

10年程度でゼロに近い金額にまで落ちてしまう可能性があります。

 

 

つまり、

 

最初の金額がやはり1000万円ぐらいある自動車でなければ

 

法定点検の有無により大きく結果が異なることはないと考えてよいです。

 

トップページに戻る

 

ページの先頭へ戻る