査定士はどこを評価するのか?査定氏が査定をするときに見るポイントは?高くなるポイント安くなるポイントは?

新車を購入するなど様々な理由で車を売る場合、

 

車買取店を利用する人が増えています。
査定士はどこを評価するのか?査定氏が査定をするときに見るポイントは?高くなるポイント安くなるポイントは?

 

車買取店では持ち込まれた車を査定して評価額を提示します。

 

 

買取店の査定士は車を査定する際にチェックするポイントがあり、

 

そのポイントを知っておくと有利に交渉できる可能性があります。

 

 

売りたい車のボディーカラーが人気色だと査定金額が高くなります。

 

 

ボディカラーは評価額を左右する重要な要素で、

 

一般的に人気がある色ほど高値が付きやすいです。

 

 

ボディのキズやへこみ、

 

汚れもチェックされます。

 

 

キズやへこみがある車でも売却することは可能です。

 

 

高く売りたいためにキズを自分で補修する人もいますが、

 

修理の素人が修理するよりもプロが修理した方が修理費用は安くなります。

 

 

中古車の買取店は自社の工場か提携工場で修理を行うので、

 

そのまま売却する人も多いです。

 

 

高く評価して欲しくて車を売る直前に車体のキズやへこみを修理しても、

 

修理費用は評価額には反映されず、

 

損をする可能性もあります。

 

 

すぐに売る予定がなくボディの塗装が剥がれているような場合は、

 

長期間放置しているとダメージが深刻化するので修理しておきます。

 

 

洗車をする場合、

 

頑固な水垢や擦りキズは液体の研磨剤で磨くときれいになりますが、

 

研磨剤の使いすぎは禁物です。

 

 

プロは小さなキズも細かくチェックします。

 

 

シートやフロアマットなど内装の汚れもチェックポイントです。

 

 

交換が必要なくらい汚れていると評価額が低くなります。

 

 

ペットを飼っている人だとペット臭もマイナス評価になることがあります。

 

 

喫煙の習慣がある人もタバコ臭が車内に残っていないかチェックしておきます。

 

 

車の年間走行距離は普通車で約1万kmが平均になります。

 

 

総走行距離と年式から割り出した年間走行距離が基準より上だと評価が下がることがあります。

 

 

逆に基準より下だとプラス評価が期待できます。

 

査定士はどこを評価するのか?査定氏が査定をするときに見るポイントは?高くなるポイント安くなるポイントは?
エンジンルームには車体番号が記載されていますが、

 

この車体番号も重要なチェックポイントです。

 

 

この部分に改ざんなどがあると買取を断られることがあります。

 

 

エンジンの音やプラグの状態、

 

修復暦についても調べます。

 

 

エンジンをオーバーホールしている場合はプラス評価になることがあります。

 

 

車に関する書類は車を売るときに必要になります。

 

 

書類がないことで査定額が下がることもあるので、

 

書類はきちんと保管しておきます。

 

 

車の整備状況を知るための重要な書類が定期点検整備記録簿です。

 

 

定期点検整備記録簿には所有者や車体番号、

 

点検整備日時などが記載されています。

 

 

この書類で車の基本的な情報をチェックすることができます。

 

取扱説明書を捨ててしまう人もいますが、

 

取扱説明書を捨ててしまう人もいますが、

 

次の所有者は取扱説明書を必要とするかもしれないので、

 

捨てずに保管しておきます。

 

 

純正品でも社外品でもパーツを追加した場合は、

 

パーツの取扱説明書も提出します。

 

 

車買取を依頼する場合は、

 

事前にしっかり準備をしておくことでプラス評価をもらいやすくなります。

 

 

トップページに戻る

 

ページの先頭へ戻る