車の売却に税金はかかるの?税率などをまとめてみた

売ることでかかってくる税金はそのタイミングによって支払わねばならないケースと、

 

反対に差額が返金されるケースがあるので正しい認識と知識を有する事が非常に重要です。
車の売却に税金はかかるの?税率などをまとめてみた

 

このタイミングとは売る時期を指してますが、

 

状況によっては後から支払いが発生してしまうケースがあるのです。

 

 

せっかくこれまで長く乗ってきた相棒を手放さねばならない訳ですから、

 

納付が発生してしまうケースや還付されるケースがあることをまず理解しておく事が肝心です。

 

 

売る際に支払わなければならない可能性があるのは自動車税・所得税・消費税の3種類となります。

 

 

反対に還付される可能性としては自動車税が挙げられます。

 

還付自体は

 

還付自体は毎年4月1日時点での使用者であることが必要ですが、

 

車検証に使用者と所有者の記載が必ずありますので確認してみてください。

 

 

通常ローン中などでまだ完済していない場合の所有者は、

 

ローン会社やお店自体となっているケースが殆どです。

 

 

税金の請求タイミングは1年に1回ですので、

 

原則は1年分を前払いで支払わねばなりません。

 

 

この為にその期間中に名義から外れれば、

 

当然残月分の税金は還付されることになるのです。

 

 

専門の買取店などに売却する場合は、

 

買取価格に還付分が上乗せされるのが一般的です。

 

 

但し内訳をキチンと確認しないと何が買取価格でいくらが還付分なのかがわかりませんので、

 

正しく確認する事を忘れないようにしてください。

 

 

ちなみに売却自体は名義変更にあたるので、

 

法律上では還付の義務はありません。

 

 

しかしながらそれでは売る方が損をしてしまうので、

 

大多数のディーラーおよび買取店では自動車税を売る方へ還付しているのが現状です。

 

注意しなくてはならないのはこの自動車税の還付分が、

 

買取業者によって査定額に含まれるか否かが気になります。

 

 

売るタイミングを誤ると逆に支払わなければならないので、

 

売る時期は十分に確認をしてから対応しないといけないので注意が必要です。

 

 

4月1日以降に売ってしまう場合は、

 

1年分の税を支払わなければなりません。

 

 

この為に売却する時期は3月までとしておくのが得策と言えます。

 

 

そうでないと新たに1年分の税金を立て替えねばならなくなるからです。

 

車の売却に税金はかかるの?税率などをまとめてみた
すぐに売却した買取金を入手できるならいいのですが、

 

基本的には売却する前に立て替えなければならないので注意が必要です。

 

 

このように税金ひとつを取りあげて同じ対応をした場合でも、

 

時期が異なるだけでまったく違う結果が生じてしまうのです。

 

 

トップページに戻る

 

ページの先頭へ戻る