車の下取りと買取の違いは?双方のメリデメ比較

車の下取りと買取の違いというのは、

 

単純に車を買い取ってもらうのか、

 

買い替えるのかの違いです。

 

車の下取りと買取の違いは?双方のメリデメ比較
買い取ってもらう場合は車買取ということになり、

 

買い替えの場合には下取りというように言うという事になります。

 

双方のメリデメを比較していくと、

 

双方のメリデメを比較していくと、

 

車買取の場合は単純に車を売るだけという事になりますから、

 

如何に高く買い取ってもらう事が出来るのかという事が問題になります。

 

 

次の車は自由に探すことが出来るという事がメリットという事になるのかもしれません。

 

反対に車を買うから高く買い取ってくれという売りと買いとで交渉をすることで、

 

自分に有利な条件を引き出すことが出来ないところがデメリットという事になるのかもしれません。

 

 

下取りの場合は買い替えという事が前提ですから、

 

これを武器にして、

 

此処で車を買うから高い値段で下取りしてくれというように言う事も出来ます。

 

 

これがメリットという事になるかもしれませんが、

 

この場合は他のメーカーの車を選択することが出来ませんから、

 

これがデメリットになるとも考えられます。

 

 

こうして考えると、

 

交渉をする時に強く出る事が出来るのが下取りという事も言えるのかもしれませんが、

 

そのような事が出来ない人もいるでしょうから、

 

それだと上手く交渉できない事にもなるので、

 

損をしてしまう事もあるかもしれません。

 

 

選択肢を広くすることをメリットとするのか、

 

狭くすることで交渉を有利にする事を考えるのかという事で考え方は変わってくるという事が言えるかもしれません。

 

 

ただし、

 

交渉が出来たとしても、

 

その交渉に相手が乗ってきて、

 

更に自分に有利な条件を呑んでくれるのかということになると、

 

話はまた別の事になります。

 

 

最近はこうした交渉にあまり乗らないディーラーが多くなって来ているという事はあるかもしれません。

 

 

というのは、

 

どんどんと企業も組織化が進んでいて、

 

個人に権限を持たせない方向性が出てきているということがあるからです。

 

 

つまり、

 

交渉相手のように感じている営業マンは何の交渉力もなくて単なる窓口役に過ぎない、

 

説明役に過ぎないという事が多くなっているので、

 

そこで交渉をしても上に相談して見ますとしか言わないで、

 

その結果は駄目でしたというように返事が返ってくるだけの場合もかなりあります。

 

車の下取りと買取の違いは?双方のメリデメ比較
ですから、

 

交渉というのは最近はあまり意味をなさなくなって来ていると考えても良いかもしれません。

 

 

権限のある人物と交渉できる場合はメリットが活きてくる可能性もあります。

 

 

トップページに戻る

 

 

ページの先頭へ戻る