リースで購入した車は売れるの?そもそもリース車とは?

車の買い方は色々あります。

 

 

現金一括で購入するのも良いですし、

 

ローンを組んで購入するのも良いです。

 

リースで購入した車は売れるの?そもそもリース車とは?
新しい車の買い方として人気を集めているのがリースという購入方法です。

 

 

リースの場合は所有者は自分ではないので、

 

税金やその他整備費用は掛かりませんし、

 

売ることも可能です。

 

 

3年のって売却して残りの支払いを相殺するという方法もあるので、

 

気軽に新車に乗ることができるシステムとしても有名です。

 

 

3年ごとに新車に乗り換えたいという考えの人はリースを使って車検のたびに乗り換えることをおすすめします。

 

 

リースの場合は所有者はカーリース会社になるので、

 

完全に自分のものになるわけではないです。

 

 

しかし、

 

それは他人には分からないことですし、

 

ナンバーもレンタカーのようなわナンバーではないので、

 

誰が見ても自分のもののように乗ることができます。

 

 

簡単に説明するとマイカーとレンタカーの間と考えれば分かりやすいと思います。

 

 

自分のものにならないと嫌だ、

 

所有してこそのものだという人はマイカーにした方が良いです。

 

都内であれば

 

都内であれば鉄道、

 

タクシーやバスなどの交通機関が充実しているので、

 

日常の移動手段には困らないと思います。

 

 

しかし、

 

地方は公共交通機関がそこまで充実していないことが多いので、

 

マイカーにした方が良いです。

 

 

マイカーは毎日のガソリン代をはじめ、

 

停めておく場所も用意する必要があります。

 

 

一戸建てで庭があればガレージを設置することが出来ますが、

 

賃貸やマンション住まいの場合は事情が変わります。

 

 

月極を契約しなくてはいけないので、

 

余分なお金が必要になります。

 

 

月極は都内になると20000円から50000円くらい必要になります。

 

 

毎月これだけの出費がかかるのは家計にとって痛いですし、

 

マイカーを持つのが嫌になることもあります。

 

 

さらに税金も重くのしかかります。

 

 

毎年5月には税金を支払う必要がありますし、

 

排気量が増えていくと税金の金額も高くなります。

 

 

コンパクトカーであれば比較的に安く済みますが、

 

大型のSUVやミニバンになると40000円から50000円以上掛かります。

 

 

これは使っていなくても支払わなければいけないものです。

 

 

長年使っていると各所が消耗しますし、

 

経年劣化も進みます。

 

 

それらを防ぐには点検や整備も必要になります。
リースで購入した車は売れるの?そもそもリース車とは?

 

消耗品を交換するにもお金がかかりますし、

 

簡単には手に入らない部品もあるので、

 

古いタイプになると苦労します。

 

 

これらを踏まえて素敵なカーライフを送ってください。

 

 

トップページに戻る

 

ページの先頭へ戻る