ハイエースの買取額や人気度

商用車としても多く扱われているハイエースですが、

 

実は普段乗りの車としても非常に人気度の高い車です。

 

ハイエースの買取額や人気度

 

仕事とかねて普段乗りとして利用する人はもちろんのこと、

 

家族向けの車として選ぶ人も多く見られます。

 

 

四角いボディで室内空間も広いので、

 

家族連れでキャンプなどのアウトドアを楽しみたいと

 

考える人もたっぷりと荷物を載せられる余裕があります。

 

 

特徴的な広い荷室については、

 

趣味やスポーツなどの目的に合わせ様々なカスタムができるため

 

これも人気の理由の一つとなっています。

 

 

旅行が好きな人であれば冷蔵庫やテーブルなどを設置して

 

ベッドキットなどを装備すればキャンピングカー仕様にもなります。

 

 

サーフィンが好きな人であれば、

 

車内にボードを収納するラックなどを装備するともできます。

 

 

ボディタイプも4種類あるため、

 

好みに合ったタイプを選ぶことができるでしょう。

 

 

ハイエースは実はリセールバリューの高い車です。

 

 

リセールバリューが高いことから、

 

その人気度の高さが伺えます。

 

年式が古くても

 

年式が古くても、

 

たとえ何万キロ走っていたとしても、

 

買取額がそれほど下がることはありません。

 

 

これは最大のメリットと言えるでしょう。

 

 

買取相場が高値を維持している一番の理由は海外輸出にあります。

 

 

ハイエースはもともと丈夫な車であり、

 

さらには状態がよいこともあり、

 

海外では非常に人気の高い車です。

 

 

日本の中古車市場では新車から10年以上経過したり、

 

走行距離が10万キロを超えると、

 

その価値は大幅に下がってしまいますが、

 

このような日本ではあまり需要のない車でも、

 

驚くような高値で海外に輸出されていく傾向にあります。
ハイエースの買取額や人気度

 

海外での人気が目立つ車ですが、

 

もちろん国内でも根強い人気を誇っています。

 

 

特にモデルチェンジまでの期間が他車よりも圧倒的に長い傾向にあります。

 

 

また自分の趣味にあわせカスタムパーツが

 

非常に豊富な特徴もあります。キャンピングカーとして改造したり、

 

トランスポーター仕様にしたりと、

 

アフターマーケットの充実度は国内トップクラスといってもよいでしょう。

 

 

国内の中古車市場のハイエースは、

 

高年式や低走行はもちろんのこと、

 

海外輸出によりやや人気度が下がるガソリン車であっても、

 

ディーゼルよりも価格が安いなどのお得感もあり非常に人気を集めています。

 

 

このようにハイエースの買取相場は国内と海外の両方から支えられていることもあり、

 

非常に高いリセールバリューが期待できる車と言えます。

 

 

また国内と海外の相場を把握しておくことにより、

 

一番高く売れるタイミングも見極めることができるでしょう。

 

 

トップページに戻る

 

ページの先頭へ戻る