トヨタのランドクルーザー買取価格差100万円!

結婚、妊娠を機に車を買い替えたいと思い買取査定に出しました。

 

 

<% metaKeywords %>

 

それまで乗っていた車がトヨタのランドクルーザーだったので、ガソリンはハイオクで経費がかかったことと、

 

妊婦なので乗り降りにリスクがあること、産後に小さな子供を乗せるには不便だったからです。

 

 

まず初めに夫婦二人でガリバーに行きました。

 

 

二人ともそういった交渉に不慣れであったことと、若かったからなのか、年式や走行距離、人気度からしても、

 

どう考えても納得のいく価格ではなく、根強いファンが多いランドクルーザーにしては、疑問だらけの25万円という査定でした。

 

 

初めて購入した愛車で愛着もありましたし、ファンが多いランドクルーザーですので、

 

どうしても差定額に納得がいかず、次にアップルで査定して頂くことにしました。

 

 

なんとなくガリバーで馬鹿にされてた雰囲気があったので、

 

また同じ失敗はしたくないと思い、知り合いの自動車整備士の方に同行して頂きました。

 

 

私達夫婦、素人では全く分からない専門的な知識交えて整備士の方が交渉して下さり、

 

私達売る側も買い取る側も納得のいく128万円で買取りが成立しました。

 

 

ガリバーとアップルとで、実に100万円以上の差がつき、本当に驚きました。

 

 

車の買取りには決まった金額がありません。

 

私達一般人には専門的な知識も当然なく、買取り側に最もらしい説明をされればそれで終わりです。

 

 

もしかしたら2軒目のアップルも私達夫婦だけで査定に行っていたら同じような金額になり、

 

愛着のある車を適正ではない安価で買取ってもらうことになったのかもしれません。

 

 

それは私達夫婦に専門的な知識が無かったからなのか、私達夫婦が若かったからなのか、

 

いずれにせよ車本体の価格を査定されたというよりは、私達夫婦を査定した金額なのではないのかなと、後になって実感しました。

 

 

その後も何軒か整備士の方に同行して頂き査定してもらいましたが、

 

最初のガリバーで叩き出された25万円という、どう考えても不当な金額は出されず、どこも120万円は超えました。

 

 

私達夫婦は専門的な知識を持った整備士の方に何軒も同行して頂き、

 

とてもラッキーでした。しかしそんな人ばかりではないはずです。

 

 

先に述べたように、車の買取りは決まった金額がありません。

 

それは使用状況や使用環境がユーザーそれぞれに違うからです。だから正解が無いのです。

 

 

だから押しが強ければある程度金額は上がり、足元を見られれば金額どんどん下がります。

 

 

とても理不尽なことだなと思いましたが、店側からすればこれこそが商売であり、

 

売る側からすれば次なる購入に向けていかに高く売るかの勝負だと感じました。

 

 

車は決して小さな買い物ではありません。

 

だからと言って私達のように専門家を同行させることも難しいと思います。

 

だから自分の愛車をせめて高値で手放したいのであれば、自分の車の状態や市場、ニーズを十分に分析し、

 

その上で買取り側との間に納得のいく交渉が出来る準備をして望むことがとても重要だと感じました。

 

 

<% metaKeywords %>